結婚式場のムービー制作と持ち込みのムービーどちらがお得?

 

結婚式ムービーは、結婚式場の提携先業者さんに頼むか、それとも外注して持ち込むか、自分で制作するかの3パターンになります。そんな中で、式場のムービー制作と持ち込みムービーのどちらがお得かご紹介します。

結婚式ムービー制作の種類

結婚式の人気演出の一つとされるムービーの制作の種類や特徴をご紹介します。

【結婚式場が提携している業者に依頼】
価格:5万円~10万円以上
製作期間:2週間~3週間以上

結婚式場で依頼する場合は、持ち込み料が発生しませんが、提携先業者さんと式場でマージンが発生するので価格帯が高額となります。
クオリティーの高い作品はありますがテンプレートは少ないため、新郎新婦の気に入った作品に巡り合えない可能性もあります。
写真や楽曲を提出するだけで、制作してくれるので基本的に丸投げで完成を待てます。

【外注の制作会社に依頼】
価格:1万円以下~10万円以上
製作期間:2日~2週間以上

WEBサイトにあるプロの制作会社に依頼するため、新郎新婦が希望とするテンプレートを探すことができ、クオリティーの高い作品を見つけ出せます。
また、価格帯も幅広いため1万円以下でも制作が可能ですので、持ち込み料と合わせても式場よりは安く済ませることが可能。
作業は、データをメールや郵送で送れば後は基本的に作業は丸投げでOKです。
ISUMへの契約を必要のないようにするために、無音で映像のみ制作してもらい、音楽は式場に持ち込んだ市販のCDを同調してもらえば、映像に好きな楽曲を併せることも可能です。

【自分や友人が制作】
価格:0円~数万円
製作期間:作る人のスキルに依存します

YouTubeなどの動画制作に慣れている方であれば、時間も掛からず無料素材などを利用して簡単に制作することが可能ですし、思い通りの作品に近付けられます。
持ち込み料しか発生しないので、一番安い方法です。

ただし、自主制作が初めての新郎新婦には分からないことも多く、簡単に制作できるソフトウェアを購入したり、テンプレートをダウンロードしたとしても制作完了までには1ヶ月~3ヶ月ぐらいは制作期間が必要となる可能性もあり時間効率が悪くなる。

まとめ

現在、結婚式ムービーを式場で依頼するよりも、外注の制作会社に依頼する新郎新婦は増えています。持ち込み料を支払ったとしても、お気に入りのムービーを流したいと考えることも多く費用も抑えられる可能性が高いので、お得と判断されている状況だと言えるでしょう。