結婚式ムービー制作依頼の相場比較から見えてくる「損」

 

披露宴や二次会で流す結婚式ムービーを制作会社に依頼する場合、式場提携会社か外注業者かの選択になります。マージンを支払うことで金額が高くなる式場紹介の制作会社の相場と外注業者の価格を比較すると、とっても損しているのが見えてくるのです。

式場提携会社への依頼相場

披露宴や二次会を開催する会場を運営する会社では、結婚式ムービーやウエディングドレス。会場を飾る装花など、式場が提携している業者へ依頼するように申し出てきます。
決して強制ではありませんが、自身で外注し持ち込めば、今度は持ち込み料を提示されるのが一般的。

新郎新婦が式場契約のムービー制作会社を利用することで、式場にマージンや紹介料が入ります。外注すれば当然ながら式場運営会社には1円も入らなくなってしまいます。その穴埋めのために持ち込み料というものが存在するのです。
結婚式を挙げるカップルにとって、持ち込み料という謎の料金に納得できないと思いますが、悪徳というわけではなく、致し方ないことと言ってよいでしょう。

オプションを追加すると価格は上がってしまいますが、提携会社に依頼した時の相場は10~20万円。オープニングムービーやプロフィールムービーといくつかオーダーすれば、50万円を超すこともあります。そして、式場に入る中間マージンは、ムービー価格の約50%程度です。
10万円のムービー制作をオーダーした場合、5万円のクオリティ作品ができあがるというわけです。

外注業者の価格とサービス比較

一方で、外注依頼は1万円~10万円以下が平均ですが、7万円~10万円を支払えばオリジナリティある高品質のムービーを作り上げられます。

1万や2万円代の激安動画は、テンプレートに写真をはめ込む場合が多く、曲が選べないや写真枚数が少ないといった欠点があります。ですが、破格の値段は費用を抑えたいカップルにとってはとても魅力的です。
3万円以降になると、ある程度フォーマットが決まっていたとしても、メッセージ入れや曲を差し替えられるなど、コスパの良いムービーが出来上がります。ただし、業者によっては別途料金が発生することもあるので、サービス内容の確認は忘れないようにしてください。

7万円以上の金額になれば、構成や品質も安心できるオリジナルムービー制作が可能に。オープニングで表示される文字の素材を変える、オリジナルアニメーションを追加する、ナレーションを入れるなど、細かなところまでサービスが充実。自身の好みのテイストにカスタマイズすることも、ディズニー公認の制作会社に依頼して可愛いムービーを作ることもできます。

まとめ

総額10万円支払い式場提携会社に依頼をして、5万円のクオリティのムービーと、外注をして10万円の自由度高いムービーどちらがよいかと聞かれれば当然後者になるでしょう。
しかし、持ち込み料が合算され、提携会社に依頼するよりも高額になってしまう可能性もあるので、ムービーの持ち込み料が発生しない式場を探すのも視野に入れておくとよいですよ。