結婚式ムービーは式場提携業者と外部発注どちらがオススメ?

 

絶対に失敗したくないウエディングでは、準備に頭を抱えてしまう場面が多くなってしまうものです。その中の一つ、結婚式ムービーの制作は式場が提携している業者と外部のサービス会社、どちらがオススメなのかメリット・デメリットと共に見ていきましょう。

結婚式を成功に導くための選択

結婚式ムービーでは、そもそも自作にするか、業者へ依頼するかの二択から始まると思います。パソコンに詳しくなく、ソフトのインストールやテキストの挿入など基本的な知識がない人は、制作会社依頼の一択になると思いますが、過去に学校の授業でやったことがあるや、ある程度のパソコン用語を知っているという人の中には、多分できるのではないかといった気持ちで自作に取り掛かる方もいます。
しかし、自信のない方が自作で行うと、仕事との両立がうまくいかず間に合わない、クオリティが低くてブライダル雰囲気とマッチしない、アスペクト比を間違えて上映できないなどのトラブルが発生する確率が高くなってしまいます。

業者に依頼するよりも結婚式費用を安く抑えられる場合もありますが、プロフィールムービーやオープニングムービなど、動画の種類も多く、制作に追われ時間もカツカツになって気持ちに余裕がなくなってしまいます。幸せなイベントへ向けた期間なのですから、花嫁に寄り添ってウエディングドレスやブライダルアクセサリーを一緒に選ぶなど、有意義に過ごす方がオススメですよ。

提携会社と外部依頼それぞれの利点

式場契約会社への依頼は、値段が高くついてしまいますが、自身で業者を探す手間を省けるのが一番の利点です。また、構成やデザインなどのクオリティ面の心配がないのもメリットとは言えます。値段よりも時間を大切にしたい人は、提携会社がオススメと言えるでしょう。

外部発注になると、提携会社へのオーダーよりも価格を抑えられるのが嬉しいポイント。
また、自身で探さなくてはいけないというのはデメリットになるかもしれませんが、かわいいや素敵など、本当にトキメキを感じるデザインのオシャレなムービーと出会うことが可能になります。価格を抑えたいカップルには非常にオススメ。特に、持ち込み料がかからない式場を選択している場合には、外部への依頼がお得です。

まとめ

時間が惜しい方は提携会社、費用を優先したい方は外部発注が基本の考え方になりますが、
ネットで調べた外注制作サービス会社の中には、修正依頼すれば別途追加料金発生で価格が高額になってしまう場合もあるので、規約はしっかりと確認しましょう。
また、外部発注業者の中にも優れた技術と感性を持ち高品質な動画を作り上げてくれる方もいますが、ずさんで良心的ではない悪徳業者もいるので、口コミ評判だけではなく、卒花嫁のブログやインスタで確認しておくと安心できると思います。