シンプルなオープニングムービーを作るなら業者がオススメ

 

華やかでありながら大人の落ち着きを感じさせるシンプルデザインの結婚式ムービーは、今人気のナチュラルウエディングにもピッタリ。出だしの印象を左右するオープニングムービーこそ、ゲストに貧相な印象を与えないために業者への依頼がオススメですよ。

シンプルは簡単じゃない

シンプルという言葉は、簡単や扱いやすいといった意味もありますが、シンプルなデザインをセンス良くまとめるのは意外に難しいものですよね。

シンプルで可愛いフリー素材もネットでたくさん入手できますが、明暗やカラーの鮮度。文字のフォントに素材の配置バランスなど、シンプルに仕上げるからこそ、一つでも違和感があると目立ってしまいます。
それに加え、会場やウエディングドレスの雰囲気とマッチしなければ、安っぽい退屈な映像になってしまい、ゲストの満足度も下がってしまうでしょう。

また、シンプルで凝った作業がいらないからと、安易な考えで自作に取り組むのはオススメできません。動画作成の知識がなければ、制作に時間もかかりますし、いざ再生したらアスペクト比が違ったなど、時間ギリギリで慌てふためくなんてことも起こってしまいます。
結婚式の華やかなイメージを残しつつ、すっきりとした作品に仕上げるためには、サービス業者に力を貸してもらう方が安全と言えるでしょう。

オープニングムービーだからこそ

終わりよければすべてよし。という言葉もありますが、特別な1日となるウエディングでは、そうもいかないですよね。
特に、ゲストに待ち時間を飽きずに楽しんでもらうや、新郎新婦の入場を盛り上げる余興のオープニングムービーが失敗に終われば、ゲストは退屈に感じ、入場とのスムーズな流れが作れずに違和感ある登場にゲストは置いてきぼりということにもなってしまいます。

また、新郎新婦の登場前に流れるオープニングムービーで失敗すれば、ソワソワしたまましばらくは時が流れてしまう花嫁さんもいるでしょう。
全力で楽しみ、幸せを素直に感じられるようにオープニングムービーこそ大切にしていきましょう。

まとめ

ムービー作成に慣れている方でも、仕事をしながらプロフィールムービーやエンディングムービーなど、すべてのものを作るとなると大変。
どんな演出にするか、どんなドレスを身に着けるのか、準備段階で楽しむのもウエディングを挙げるカップルにとっては醍醐味です。
時間に追われイライラしないように、自作と制作会社を併用して作り上げていく方が、トータルで幸福度の高いブライダルになるのではないでしょうか。