プロフィールムービーを依頼する!おすすめ業者の選び方

 

結婚式の披露宴や二次会で上映するプロフィールムービーを業者に依頼する場合、何を基準にして考えますか。価格帯?デザインの豊富さ?選ぶ要素は様々です。そんな中で、オススメの業者の選び方についてお伝えします。

映像業者の選び方

結婚式場で提携しているムービーを依頼することになれば10万円以上の予算がかかり、大きな出費にもなり二の足を踏む新郎新婦も少なくはありません。

インターネット上にある映像制作会社もピンキリです。
1万円以下の業者から、完全オリジナルで10万円以上といった高額な制作会社まで存在します。
そんな中で失敗しない業者を選ぶ基準は、映像のクオリティーが高い制作会社を選ぶのは大切です。いくら価格が安くても個人で作れるようなものであれば、感動をゲストに与えるムービーにはなりません。かわいく写真を紹介したり感動的に写真をみせていくような間やテンポなどの演出面も参考にして、サンプル動画をチェックするのがいいでしょう。

依頼先が見つかったら

ムービー制作を依頼したいと思う業者が見つかったら、どのようなムービーを作成するか考えてください。プロフィールムービーだけでなく、オープニングムービーやエンドロールムービーなど二次会用のムービーなど、一本だけ依頼するといった新郎新婦は少ないと思います。

また、制作するムービーが決まったのであれば、ムービーによって業者を変更する方法もあります。しかし、複数の映像商品を一社に依頼した方が割引率は業者によって変わりますが、1万円から5万円くらいはお得になりますので、一社にまとめて依頼することをオススメします。ただし、格安・激安の制作業者も沢山ありますが、使用するBGMや楽曲のISUMへの著作隣接権など管理できていない業者もありますので気を付けましょう。

そして、オートクチュールで対応をしてくれる業者は、対応力はもちろん技術力も高い傾向があります。もちろん値段は高くなりますが、ドラマやドキュメンタリー風の演出など、新郎新婦の要望にも対応してくれるという点で、技術力も経験ある優れた業者ともいえるでしょう。

まとめ

プロフィールムービーは二人の生い立ちを紹介する、披露宴で唯一自己紹介できるシーンです。そのあとに続く感動のフィナーレへ向けた大切な演出の一つでもあります。プロフィールムービーの上映中に、笑い声や、涙ぐんでいるゲストがいたら成功です。
そんな、素敵なプロフィールムービーは業者に依頼して、素敵な出来栄えの作品を作り上げてもらうことに期待してみてはいかがでしょう。

  • Google+でシェア
    Gl+
  • はてなブックマークに追加
    0
  • LINEでシェア
    LINE