オープニングムービーをセルフ作成し結婚式を演出する!

 

結婚式で映像系演出を自作で作りたいといった方もいらっしゃいます。制作に必要になる動画編集ソフトは、素人で扱えるものからプロが制作で利用するものなど様々なバリエーションがあります。今回はおすすめソフトウェアについてご紹介します。

パソコンで動画編集できるソフト

PCでの制作において、WindowsユーザーとMacユーザーによっても選択するソフトが変わってきます。

【Windowsユーザー】

・Windowsムービーメーカー
WindowsのOSの方であれば、誰でも無料ダウンロードできる動画制作・編集ソフト。
動画に音楽のトリミングや編集などの操作もわかりやすく、初心者でも分からない部分を調べながら制作できます。細かい部分を微調整する場合には使いにくい点もありますが、一通りの編集機能は揃っています。

・ウエディング フォトムービー8
ジャストシステムが販売する結婚式の動画制作・編集ソフト。
写真とテンプレートを選択するだけの簡単操作で自動的にフォトムービー、スライドショーを完成できます。初心者の方にはオススメのソフトウェアです。
無料体験版もあるので、練習してみてはいかがでしょう。

・Adobe Premiere Pro /Adobe Premiere Elements
プロのクリエーターが製作・編集で使うアドビのソフトウェアは、高額でもあるので、実用レベルではありません。プロ版ではなく、家庭用版であれば、価格も安くなり、初心者の方でも直感的に制作できます。

【Macユーザー】

・Final Cut Pro X
MacユーザーやYouTuberも利用する動画編集ソフト。
iMovieでは自由度が低く、AdobePremiereは高機能で操作に不安と言う方は、FinalCutが操作性も分かりやすく動作も早いのでMacユーザには優良なソフトウェアになります。

・iMovie for Mac
Macユーザーで動画作りを始めたい人には、まずApple公式動画編集ソフトiMovie for Macはいかがでしょう。無料ソフトですが、基本的な動画編集機能が備わっているため、動画編集入門には最適なソフト。

上記で記載したものはパソコンで操作しなければならないものですが、スマートフォンだけで映像編集することも出来ます。レコフォトなどのアプリでも編集が可能な時代です。
また、有料版のソフトウェアも無料期間中に、作成を完了することが出来れば費用を大幅に削減することも可能となります。

まとめ

動画編集を自作でする事は可能ですが、チープな感じになる事もあるのでそれじゃ嫌という新郎新婦は、費用を支払いプロの制作業者に依頼して、思い通りのおしゃれなムービーを作成してもらいましょう。そうすることで、感動的な結婚式を演出することも可能となります。

  • Google+でシェア
    Gl+
  • はてなブックマークに追加
    0
  • LINEでシェア
    LINE