結婚式ムービーは著作権フリーの素材を集めてセルフ制作?

 

インターネット社会の現代において便利なツールは沢山あり、簡単に制作が出来る環境でもあります。それは、結婚式ムービー制作も例外ではありません。実際に、著作権フリーの素材を集めて結婚式ムービーをセルフ制作できるのか参考にしてみてください。

素材は豊富

結婚式ムービーを制作会社に依頼せずに、セルフ制作を考える新郎新婦は昔よりも増えています。それは、動画制作と言うコンテンツが個人でも簡単に行えるようになったからです。

素人でもYouTubeなどの動画を簡単に配信できるサービスなども、動画制作ソフトやネット環境のインフラが整い便利になったと言えるでしょう。
そして、著作権フリーの素材もインタネットで検索すれば数多く出てきます。
動画編集ソフトを購入または、無料ダウンロードにて手に入れ、写真をPCに落とし込み、決められた場所に設置していけばOK。
アスペクト比やセーフティゾーンもガイドラインが引かれているので、その枠内に文章を設置すれば失敗は少なくなります。

それだけ、動画編集は簡単に行える環境にもなっています。
ただし、これはパソコン操作に慣れている、自分で作り上げることが出来る方だけに当てはまるとだけは理解しておいた方が良いでしょう。

無料の落とし穴に注意

動画制作のテンプレートなど無料で配布されていますが、制作するにあたり動画編集用のソフトをダウンロードしなければなりません。
ここに一番大きな落とし穴があります。

編集ソフトが使用できる無料期間は2週間程度であるタイプが多いことです。
それ以上の期間を設定しているソフトは、操作性がかなり難しくプロ向けの物が多いことです。また無料版では、動画編集ソフトの会社のロゴが完成品にも入るなど、結婚式でずっと表示されては雰囲気も台無し。

そして、無料期間が終了すれば購入しなければならない状況になります。
ソフトの価格も数万円~10万円以上の金額になるため、実質制作会社に依頼した方が安く済みます。

仕事や結婚式の準備の合間を縫って制作することになるので、2週間以内に結婚式ムービーを作り上げようとすればクオリティーもお粗末な物になり兼ねません。手作り感があっていいね!誉め言葉かもしれませんが、全体がセルフの手作り感のある結婚式ならばいいのですが、近代的な結婚式の中で唯一の手作り感は浮いてしまう事でしょう。

また、初めて動画編集をする方は、根を詰めて寝不足になりがちで、結婚式本番に体調を崩し、疲れ切った表情で式を迎えるなんて自体を避けるために、無理せず制作会社に依頼することをオススメします。

まとめ

インターネット上には簡単という単語が氾濫しています。その情報に、騙されてはいけません。どのような、パーツ素材を無料で手に入れたとしても、使いこなせるだけの技術を持っていることや、自身で調べて使えるようにするといった学習は必要となります。
そのため、パソコンに詳しくデザイン系の技術が多少はなければ制作完了まで作り上げるのは大変だと知っておきましょう。

  • Google+でシェア
    Gl+
  • はてなブックマークに追加
    0
  • LINEでシェア
    LINE